FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







by dubreel  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

iPhoneで写真#27



写真を撮ってエフェクト加工やレタッチまでiPhoneのみで。

雰囲気のある写真ができたらFlickrとブログにUPしています。
写真をクリックしてFlickrに飛べば大きいサイズでも見れます。

写真の下のApp/~に書いてあるのが今回使った写真アプリです。








studio dubreelの立ち上げと一緒に庭に植えたビワの木。ビワは様々な薬効があるので植えておくと良いですよ。今回は一眼レフで撮ったようにエフェクトしています。なかなか良い感じに仕上がりました。







『Loquat』

Loquat

iPhone4 App/
AfterFocus&FilterStorm&Photogene2
スポンサーサイト







by dubreel  at 20:20 |  iPhone写真 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

iPhoneで写真#26



写真を撮ってエフェクト加工やレタッチまでiPhoneのみで。

雰囲気のある写真ができたらFlickrとブログにUPしています。
写真をクリックしてFlickrに飛べば大きいサイズでも見れます。

写真の下のApp/~に書いてあるのが今回使った写真アプリです。








夕陽をバックにstudio dubreelの庭の木を撮りました。Pro filterという画像加工フィルターを自分で作れるアプリで加工しています。位置による夕陽の微妙な色味の違いが気に入っています。







『Burning sky』

Burning sky

iPhone4 App/
Pro filter&Photogene2







by dubreel  at 20:20 |  iPhone写真 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

iPhoneで写真#25



写真を撮ってエフェクト加工やレタッチまでiPhoneのみで。

雰囲気のある写真ができたらFlickrとブログにUPしています。
写真をクリックしてFlickrに飛べば大きいサイズでも見れます。

写真の下のApp/~に書いてあるのが今回使った写真アプリです。








studio dubreelの裏庭にだんだん増えてきている苔絨毯。雨の日に裏庭に出るとちょうど少し木漏れ日が出ていて苔とのバランスが綺麗だったので撮りました。光と苔のコントラストが強調されるように処理してみました。







『Carpet of moss』

Carpet of moss

iPhone4 App/
Snapseed&Rays&Photogene2







by dubreel  at 19:19 |  iPhone写真 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

DIの接続や信号の流れについて。



前回の記事『 DIの役割について 』でDIの基本的な機能を説明しましたが、今回は接続や信号の流れについて簡単に説明したいと思います。

●ベーシストがライブで使う場合で説明しています。




前記事で説明したように、DIに入った信号は ローインピーダンスの信号に変換 され バランス転送で出力 されます。ただし入った信号はこの処理の前にパラって(2つに分けられて)、片方はDIのメイン回路へ送られ、もう片方はそのままDIから出力されます。パラで出力された信号は基本的にアンプへ接続するのに使われます。


DI-amp.jpg

ライブの時はほとんどの場合、この接続で使われます。




信号の流れを良く考えれば分かるのですが、ひとつの信号が途中で分岐して2つに分かれているので、PAに送られる信号とアンプに入った信号は別々になっています。 なのでアンプで音作りしてもそれはアンプから出る音だけに反映されるのであって、お客さんが聴く外音(PAからでる音)にはアンプでの音作りは関係ありません。


※もちろんアンプにマイクを立てて音を拾ってもらっている場合やベースアンプのLINE出力(プリアンプ以降の信号を出力するタイプ)からPAに送っている場合は別です。





厳密にはDI内部でパラになる部分の回路もバッファが入ってたりパッシブだったりと個体差はあると思いますが、基本的にはDIは大体こういった信号の流れになっていると考えて問題ないと思います。




ミキサーでもエフェクトでも機材を使いこなすには本質的な信号の流れをまず把握しておく必要があると私は思います。


使い方で覚えてしまうとDIのパラ出力はアンプに繋ぐものだと思い込んでしまう人がいますが、別にアンプでなくとも良い訳です。LINEのみでレコーディングする時などはアンプは要らないので、チューナーを繋いでおいても良い訳ですし、PCを使ってトラックメイカーがライブする場合でもパラ出力からライブ録音用にレコーダーに送っても良い訳です。




またミキサーなどのこういった説明も時間がある時にUPできたらと思います。


何か参考になれば幸いです。









by dubreel  at 22:22 |  機材(ハード) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

iPhoneで写真#24



写真を撮ってエフェクト加工やレタッチまでiPhoneのみで。

雰囲気のある写真ができたらFlickrとブログにUPしています。
写真をクリックしてFlickrに飛べば大きいサイズでも見れます。

写真の下のApp/~に書いてあるのが今回使った写真アプリです。








玄関すぐの山に植えてある梅の花。白い花びらと周りのピンクが絶妙な色合いがいいですよね。梅が咲くと春が近づいてきてるのが感じられて良いです…。色合いをちょっと落ち着いた感じに処理してみました。







『Plum』

Plum

iPhone4 App/
PicBoost&Photogene2







by dubreel  at 23:22 |  iPhone写真 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

MOCCA 『LIVE 2011 Autumn/Winter』



mocca02.jpg




ソロで活動しているMOCCAちゃんより新譜が届きました。

歌い手の彼女はLOOPERやエフェクトを使い即興で声やカリンバを重ねていくライブパフォーマンスで、独特の世界感を作り出しているアーティストです。


今回の音源はそんなライブ録音からのテイクで、そのマスタリングをstudio dubreelで行ってくれました。ライブ録音なので会場のノイズや音も荒い部分もあるのですが、逆に会場の臨場感が感じられる音源になっていると思います。マスタリングもハイファイ志向というよりライブの持つエネルギーがより感じられる様に心がけました。



mocca01.gif

ライブ会場か下記のBLOGより注文できるとのことです。

『木歌(Mocca)のほじょぽじBlog』




声やカリンバでの美しい世界感に癒されるCDですよ。ぜひ。









by dubreel  at 20:00 |  アーティストご紹介 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

iPhoneで写真#23



写真を撮ってエフェクト加工やレタッチまでiPhoneのみで。

雰囲気のある写真ができたらFlickrとブログにUPしています。
写真をクリックしてFlickrに飛べば大きいサイズでも見れます。

写真の下のApp/~に書いてあるのが今回使った写真アプリです。








studio dubreelの手前にある石動神社(いするぎ)。家のすぐ近くに神社があるのって良いんですよね。アーティストも喜んでくれる人が多いですし。今回はHDRで写真を撮り、さらにエフェクトして少しイラストっぽい感触に仕上げてみました。







『Japanese Shrine』

Japanese Shrine

iPhone4 App/ 
Pro HDR&Snapseed&Photogene2







by dubreel  at 23:23 |  iPhone写真 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

DIの役割について。



DIはベーシストやキーボーディストはライブでお馴染みの機材ですよね。ただミュージシャンと話していても意外とDIの役割が知られていないなぁと思う事が多いので、簡単に説明したいと思います。


DIはギターやベースといったハイインピーダンス出力の楽器を、ミキサー卓やオーディオインターフェイスなどのライン入力に繋ぐ時に必要になるものです。



DIの役割としては基本的には インピーダンスの変換とアンバランス→バランス変換の2つです。


●まずインピーダンスの変換ですが、インピーダンスは詳しく説明しだすとかなり難しいので簡単に。

ミキサー卓やオーディオインターフェイスのライン入力というのはローインピーダンスになっています。ここにハイインピーダンスなギターやベースを入力すると高域が落ちて抜けが悪い音になってしまうんですね。それを防ぐためにDIでインピーダンスを変換して悪い音の変化を防いでいるわけです。



●もうひとつのアンバランス→バランス変換ですが、バランスで転送してやる事によってケーブル経由でのノイズが乗りにくくなるメリットがあります。特にライブなどではステージからPA卓まで長い距離をケーブルで引き回す事が多いのでバランス転送が必須になってきます。



基本的にはDIはこの2つの機能がメインです。 ただし高価なDIになると基本の機能は一緒ですが、抜けが良かったり太かったりといった音質的な+αがありますね。

特にベーシストはレコーディングでもDIを使ったライン録音が多いですし、ライブ時の出音は基本的にDIの音質がもろに影響してくるので、音質にこだわる方はハイエンド系のDIを持っておくと良いと思います。studio dubreelではオリジナルカスタムメイドのDIを使用しています。わたしはトランスが入ったタイプのDIが好みの音ですね。



また宅録で楽器をよく録る人もひとつ持っておくと何かと便利だと思います。

それでは。









by dubreel  at 18:18 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

結果的にモニターの良きメンテが出来ました。



10日ほど前に突然スタジオの要であるモニターSPが調子悪くなりました…。
右Chがバリバリ歪んでしまい全く使えない音。多少の機材トラブルは平気なタイプなんですが、今回は結構ショックでした…(笑)。


即メンテしたかったのですが幸か不幸かその日から外の仕事がずっと入っており、ようやく本日メンテに取りかかれました。



そして半日掛かりの結果、先程無事に復活してくれました! 

明日からMIX作業や来客があり最悪サブのSP使うしかないなっと思っていたので、復活してくれて本当~に良かったです。






ちなみにノイズの犯人は2つのコンデンサーでした。

SP_con.jpg


今回は右のスピーカーだけの不具合でしたが、片方のchだけのパーツ交換では定位バランスが崩れてしまうので、調子良い方の同じパーツも交換。計4つのパーツ交換で以前のモニターバランスのままも完全回復してくれました。


モニターが壊れると本当にスタジオ内での作業は何も出来なくなってしまうので本当どうしようかと思いましたが(笑)、ちょうどスタジオ内の仕事がない期間に復活してくれて本当に良かったです!




結果的には良いタイミングでモニターのメンテナンスを行えました。
良き流れに感謝!!!










by dubreel  at 05:46 |  機材(ハード) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

dubreel

Author:dubreel


レコーディング/マスタリングスタジオ「studio dubreel」のBLOGです。

カテゴリ
ブックマーク登録
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。